「新学習指導要領」の移行措置への対応について
新学習指導要領とは? 移行措置とは?
小学校は2020年度から,中学校は2021年度から「新学習指導要領」が全面実施されます。
「新学習指導要領」を円滑に実施するため,学校では徐々に「新学習指導要領」の内容を取り入れていきます。これを「移行措置」といいます。
2018年度から,小学校は2年間,中学校は3年間が「新学習指導要領」実施に向けての移行期間となります。
移行措置用の教材をこちらからダウンロードできます
移行措置には,追加される学習と削除される学習があります。
次のPDFは,とくに影響の大きい追加項目について,説明と問題・解答のプリントです。移行措置の内容を学習するときにお役立てください。
教材 プリント
小学4年 漢字
小学5年 漢字
小学3年 社会
小学4年 算数
小学5年 算数
中学1年 漢字
中学1年 数学
中学1年 理科
小学4年 算数 小学教科書ガイド 教育出版版
小学5年 算数 小学教科書ガイド 教育出版版
移行措置の実施年度
移行措置の実施年度とおもな教科・学年は,次のとおりです。
【小学校】
年度 国語 社会 算数 理科
2018年 4年 5年 3年,4年 4年
2019年 4年,5年 3年,5年 3年,4年,5年 4年,5年,6年
2020年 新教科書配布
【中学校】
年度 国語 社会 数学 理科 保健体育
2018年 地・歴・公
2019年 1年 地・歴・公 1年 1年 1年
2020年 1年,2年 地・歴・公 1年,2年 1年,2年 1年,2年
2021年 新教科書配布
上記以外の教科は,新学習指導要領によることができます。
2019年度のおもな移行措置内容
【小学校】
教科 移行措置のおもな内容
国語 4年に、都道府県名に用いる漢字25字が追加されます。
【都道府県名に用いる漢字の読みと書き】
茨、媛、岡、賀、潟、岐、熊、群、香、佐、埼、崎、滋、鹿、城、縄、井、沖、徳、栃、奈、梨、阪、阜、富
5年に、新たに学習する漢字21字が追加されます。
囲、紀、喜、救、型、航、告、殺、士、史、象、賞、貯、停、堂、得、毒、費、粉、脈、歴
社会 3年の2学期(後期)以降で、3・4年下の教科書にある、消防についての単元(例:火事からくらしを守る)、および警察についての単元(例:事故や事件からくらしを守る)を学習します。
5年に、「竹島や、北方領土、尖閣諸島が我が国固有の領土であることに触れること」が明記されます。(現行は北方領土についてのみ)
算数 3年の「量と測定」に「メートル法」が追加されます。
4年の「数と計算」に「小数を用いた倍」が追加されます。
4年の「数量関係」に「簡単な割合」が追加されます。
4年の「量と測定」に「メートル法」が追加されます。
5年の「量と測定」に「速さ」と「メートル法」が追加されます。
5年の「分数の計算(分数のかけ算・わり算)」が省略されます。【6年で指導】
理科 4年の「光電池の働き」が省略されます。【6年で指導】
5年の「水中の小さな生物」が省略されます。【6年で指導】
6年の「電気による発熱」が省略されます。【中学校2年で指導】
外国語活動 年間授業時間数が3年、4年は15時間、5年、6年は50時間になります。
【中学校】
教科 移行措置のおもな内容
国語 1年に、都道府県名に用いる漢字20字が追加されます。
【都道府県名に用いる漢字の読みと書き】
茨、媛、岡、潟、岐、熊、香、佐、埼、崎、滋、鹿、縄、井、沖、栃、奈、梨、阪、阜
社会 1.地理・歴史・公民ともに、以下の単元で、北方領土・竹島・尖閣諸島について、より詳しく学習することになります。
・地理…日本の位置・領域について学ぶ単元(例:日本の姿)。
・歴史…明治時代の外交・国境画定について学ぶ単元(例:開国と近代日本の歩み)。
・公民…国際社会のしくみについて学ぶ単元(例:地球社会と私たち)。
2.歴史で、「世界の古代文明(ギリシャ・ローマの政治制度)」、「ユーラシアの変化(モンゴル帝国による東西交流)」、「ヨーロッパ人来航の背景(ムスリム商人との関連)」、「市民革命(アメリカ独立・フランス革命)」について、教科書の内容よりも詳しく学習する場合があります。
数学 1年の「数と式」に「素数の積」が追加されます。
1年の「資料の活用」に「累積度数」が追加されます。
1年の「資料の活用」の「誤差や近似値、a×10のn乗の形の表現」が省略されます。【3年で指導】
理科 1年の「力の働き」に「2力のつり合い」、「火山と地震」に「自然の恵みと火山災害・地震災害」が追加されます。
1年の「圧力」のうち「水圧」が省略されます。【3年で指導】
保健体育 1年体育分野に「運動やスポーツの楽しみ方」が追加されます。
1年保健分野に「主体と環境」「調和のとれた生活」が追加されます。

2020年度のおもな移行措置内容
【中学校】
教科 移行措置のおもな内容
国語 1年と2年に、都道府県名に用いる漢字20字が追加されます。
【都道府県名に用いる漢字の読みと書き】
茨、媛、岡、潟、岐、熊、香、佐、埼、崎、滋、鹿、縄、井、沖、栃、奈、梨、阪、阜
1年に、「共通語と方言の果たす役割について理解すること」が追加されます。
社会 1.地理・歴史・公民ともに、以下の単元で、北方領土・竹島・尖閣諸島について、より詳しく学習することになります。
・地理…日本の位置・領域について学ぶ単元(例:日本の姿)。
・歴史…明治時代の外交・国境画定について学ぶ単元(例:開国と近代日本の歩み)。
・公民…国際社会のしくみについて学ぶ単元(例:地球社会と私たち)。
2.歴史で、「世界の古代文明(ギリシャ・ローマの政治制度)」、「ユーラシアの変化(モンゴル帝国による東西交流)」、「ヨーロッパ人来航の背景(ムスリム商人との関連)」、「市民革命(アメリカ独立・フランス革命)」について、教科書の内容よりも詳しく学習する場合があります。
数学 1年の「数と式」に「素数の積」が追加されます。
1年の「資料の活用」に「累積度数」と「統計的確率」が追加されます。
1年の「資料の活用」の「誤差や近似値、a×10のn乗の形の表現」が省略されます。【3年で指導】
2年の「資料の活用」に「四分位範囲」と「箱ひげ図」が追加されます。
理科 1年の「力の働き」に「2力のつり合い」、「植物の生活と種類」に「動物の仲間」、「火山と地震」に「自然の恵みと火山災害・地震災害」が追加されます。
1年の「圧力」が省略されます。【2年、3年で指導】
1年の「葉・茎・根のつくりと働き」が省略されます。【2年で指導】
2年の「静電気と電流」に「放射線の性質と利用」、「日本の気象」に「自然の恵みと気象災害」が追加されます。
2年の「生物の変遷と変化」が省略されます。【3年で指導】
保健体育 1年体育分野に「運動やスポーツの楽しみ方」が追加されます。
1年体育分野の「運動やスポーツの学び方」が省略されます。【2年で指導】
1年保健分野に「主体と環境」「調和のとれた生活」が追加されます。
2年保健分野に「生活習慣病」「薬物乱用など」が追加されます。
新学習指導要領や移行措置に関する詳細は,以下をご覧ください。
※文部科学省のサイトにリンクしています。